インプラント治療後に、必要となるメンテナンスとは

審美性が高く、自然な歯と同じように咀嚼できるインプラントは、歯の欠損を補う最新の治療方法として、人気となっています。

基本的に保険外診療となりますので、入れ歯やブリッジなどと比較すると費用が高めになりますが、5~10年程度の保証期間を設けている歯科医院も多くあり、長期的にはそれほど割高ではないかもしれません。
もちろん、インプラントにもある程度の継続的メンテナンスが必要です。
きちんとしたメンテナンスを行い続ければ、一生保たせることも可能だといわれています。

具体的にどのようなメンテナンスが必要かといいますと、まず自分自身で行う、通常の歯磨きが大切です。
インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込む治療ですが、歯茎の健康を保つことで、長持ちさせることができます。

やり方は通常の歯磨きと同じように、歯ブラシや歯間ブラシなどを使用して、磨き残しのないよう、汚れを落とします。



そして、歯科医院でもメンテナンスを受けることが必要です。


歯茎に異常がないか、歯周病のチェックなども行います。

BIGLOBEニュースに関する情報をご覧ください。

普段の歯磨きでケアしきれていない部分のクリーニングや、歯茎と骨の確認のためレントゲン撮影なども行う場合があります。
メンテナンス頻度は、歯科医院によっても異なっていますが、大体年に2~4回程度といわれています。

話題になっている表参道のインプラントに関する情報満載のサイトです。

もともと耐久性の高い素材ですから、メンテナンスをしっかりと受けることで、インプラントの寿命を最大限に引き延ばすことが可能です。

Copyright (C) 2015 インプラント治療後に、必要となるメンテナンスとは All Rights Reserved.